雑記ブログ

人生で初めてインフルエンザワクチンの予防接種を受けてきた!料金は?痛みは?副作用と経過について

人生で初めてインフルエンザワクチンの予防接種を受けてきた!料金は?痛みは?副作用ってあるの?

インフルエンザワクチンの予防接種って受けたことありますか?

僕は、あまり風邪などひかない体質なので、今まで受けたことはありませんでした。

今回は、嫁さんが妊娠した事がきっかけに、人生初の予防接種を受けました!

そこで感じた不安や料金など、これからインフルエンザワクチンの注射を受けようとしている人に役立つようにレビューします。

この記事は

  • インフルエンザワクチンの予防接種をしようとしている人
  • インフルエンザの予防接種って何するのか気になる人
  • インフルエンザワクチンの予防接種料金を知りたい人

そんなあなたに向けて書いています。

インフルエンザワクチンの予防接種を受けてきた

インフルエンザワクチンの予防接種って?

インフルエンザワクチンの予防接種は、インフルエンザの感染予防や感染よる症状を軽くするためのワクチンです。

このワクチンを摂取することにより、インフルエンザに対する抗体ができることで、かかりにくくなる効果が期待できます。

インフルエンザは、11月頃から流行し1〜3月にピークを迎える、感染力が非常に強い病気です。

主に呼吸器の病気ですが、肺炎・急性中耳炎・脳症等の合併症を起こす危険もあるので、注意が必要です。

特に、子供や高齢者には、合併症をおこして重症化する場合があり、毎年、数千人〜数万人の方がインフルエンザが原因となって亡くなっている怖い病気です。

そんな怖い病気「インフルエンザ」を予防するワクチンってどんなものがあるのでしょうか?

インフルエンザワクチンってどうやって作られるの?

インフルエンザのワクチンは、感染の原因となるインフルウイルスや細菌をもとに作られています。

毎年、インフルエンザの流行状況を考え、数種類あるウィルス株が決定されているんですね。

ワクチンには、大きく分けて3つの種類があります。

  • 生ワクチン
  • 不活化ワクチン
  • トキソイド

この中で、インフルエンザのワクチンに使用されるのが、「不活化ワクチン」と言われる種類です。不活化ワクチンとは、ウィルスや細菌の感染力を無くした、不活化・殺菌したものを元にして作られます。

そのため不活化ワクチンと呼ばれています。

不活化ワクチンは、生ワクチンに比べて作られる免疫力が弱いため、1回の予防接種では不完全でその効果はだいたい5ヶ月と言われています。

つまりインフルエンザワクチンの予防接種は、毎年しましょう。

インフルエンザワクチンの予防接種を受けた理由とは?

僕が、インフルエンザワクチンの予防接種を受けた理由は、嫁さんが妊娠した事です。

僕一人なら全く気にもしていませんでしたが、妊娠してる嫁さんやお腹の子供のことを考えると、少しでもリスクは避けたいなってのが理由です。

家族がインフルエンザになった時に読む記事!絶対うつしたくない時に次亜塩素酸水を使った感染予防の方法とは
家族がインフルエンザになった時に読む記事!絶対うつしたくない時に次亜塩素酸水の加湿器を使った感染予防の方法とは嫁さんが妊娠中なのに、家族がインフルエンザA型にかかってしまった!って一報を受け、焦りまくっているGINIZMです。 家庭内だと同...

インフルエンザワクチンで感染することってないの?

インフルエンザの効果は、インフルエンザにかからなくする事です。そのため、予防接種が原因で感染することはないと言われています。

インフルエンザワクチンの予防接種の流れ

1:まずは予約しよう

インフルエンザワクチンは、数が限られています。特に流行する1〜2月は、予約しないと在庫がないってこともよくあります。

まずは最寄りのクリニックに電話で確認してみましょう。

2:予防接種の予診票を記入しよう

予防接種の前に、「インフルエンザHAワクチン予防接種 予診票」に必要事項を記入していきます。

インフルエンザワクチンの予防接種には、副作用もあるので質問事項をしっかり読んで記入しましょう。

裏面の「インフルエンザHAワクチンを接種される方へ」もしっかりと読みましょう。

ここに、ワクチンの効果と副作用が記載されています。

予防接種を受けることができない人
  • 明らかに発熱のある人
  • 重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな人
  • 過去にインフルエンザワクチンでアナフィラキシーを起こした人
  • 予防接種を受けることが不適当と判断した人

3:ワクチンの予防接種注射

医師との問診のあと、予防接種注射をします。

インフルエンザワクチンの予防接種は、皮下注射となるので一瞬です。

あっという間に終わりました。

注射後に、こすったりする必要はありません。

注射した当日は、お風呂は入れますが、あまりこすったりしないようにしましょう。

4:予防接種料金を支払い

あとは料金を支払うだけです。

インフルエンザワクチンの予防接種料金は、10割負担で4,500円でした。

5:約30分様子観察

予防接種のあと、万が一副作用があったりした時に対処できるように、待合室で30分ほど待機します。

もし体調不良などがあった場合、すぐに診察してもらいます。

僕の場合は、全く問題なかったので読書して過ごしました。

インフルエンザワクチンはあくまで予防接種なので、インフルエンザが流行しているときは、マスク・手洗い・うがいもしっかりして、人混みを避けることを意識しましょう。

1日経過した感想

インフルエンザの予防接種をして、1日経過しましたが副作用等は問題ありませんでした。でも、皮下注射ということで、触ったり重たいものを持つと、少し痛みはありますね。

注射あとも少し残っている感じですが、そこまで意識するような痛みはありません。

まとめ

いかがでしたか?今回は「人生で初めてインフルエンザワクチンの予防接種を受けてきた!料金は?痛みは?副作用ってあるの?」について紹介しました。

インフルエンザの予防接種って、受けたことがないと結構不安があったりしますよね。実際に予防接種をしてみて、4,500円で家族の為になるなら受けるのはあり!って思いました。

どうしても休めない用事があったりするなら、インフルエンザワクチンの予防接種するのはいいかもしれませんね。

今年こそは予防接種しようかな?って考えている人は、是非参考にしてくださいね。

ABOUT ME
銀ちゃん
銀ちゃん
ブログ×サラリーマン×資産運用×育児でゆとりのあるスローライフを楽しむ。/愛車は、BMWのカフェレーサー・R nineT RACER。大好きな家族・バイク・ブログ中心の『好きな事で生きていく人生』を満喫中。取得資格は多種多様。フィナンシャルプランナー・簿記・カラーコーディネーネーター・QC2級・WEBクリエイター・第二種衛生管理者等々。読み応えのあるコンテンツを目指して日々奮闘しています。
【最新版】買って良かったバイクアイテム16選
【最新版】買って良かったバイクアイテム16選

バイクライフをさらに充実したものにするために、実際に使って満足したバイクアイテムを紹介しています。
 
一度使うとやめられない!そんな快適アイテムなので、まだ持ってないよって方は、是非是非検討してくださいね。