家庭菜園・園芸

菜園スペースがおしゃれに変身!激安1万円台の蛇口付きステンレス製のガーデンシンク(屋外用)の耐久性や使い勝手を口コミ&レビュー

菜園スペースがおしゃれに変身!激安1万円台の蛇口付きステンレス製のガーデンシンク(屋外用)の耐久性や使い勝手を口コミ&レビュー

家庭菜園・園芸にあると便利な、蛇口付きのガーデンシンク。

雨ざらしになるから、ステンレス製で耐久性があって作業台や蛇口付きモデルが理想ですよね。

もっと贅沢言うと、おしゃれなタイプがいい!

ただ、ステンレス製で蛇口や作業台も付いてるおしゃれなガーデンシンクとなるとめっちゃ高額なんですよね。

だから座って、水栓パンを使ってるって人が多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、1万円台で購入できる蛇口付きステンレス製ガーデンシンクを自分で購入してみて、感じた耐久性や使い勝手などのリアル口コミ&レビューをしています。

数少ない、格安ガーデンシンクだからこそ、買ってみようかな?って思った方は是非購入してみてくださいね。

この記事は
  • 家庭菜園・園芸スペースにガーデンシンクを導入したい方
  • コスパの高い、安くておしゃれなガーデンシンクが欲しい方
  • 耐久性の高いステンレス製ガーデンシンクを探している方

そんなあなたの欲しいを刺激します!

1万円台の蛇口付きステンレス製ガーデンシンクを買ってみた!

菜園スペースにガーデンシンクがあると便利

家庭菜園・園芸していると、スコップや鉢、収穫した野菜を洗ったりと水を使う機会が多いですよね。

ただ屋外用の水栓だと、わざわざ座って使わないといけないので、面倒だったり膝や腰が痛くなったりしますよね。

そんな時に、立ったまま野菜を洗ったり、水を貯めたりするシンクがあると便利ですよね。

屋外用シンクってどんなものがあるの?

よくある屋外用シンクは、雨にぬれても大丈夫なようなプラスチック製のものです。

created by Rinker
村の鍛冶屋
¥6,571
(2020/11/28 07:24:46時点 Amazon調べ-詳細)

ただ、あまりおしゃれじゃないですよね。

存在感のあるステンレス製のものになると、相場は3万円前後。

もちろん安いステンレスモデルもあります。

蛇口も購入するとなると、さらに値段は高くなります。

created by Rinker
JEJアステージ(JEJ Astage)
¥2,755
(2020/11/28 07:24:48時点 Amazon調べ-詳細)

エクステリアを意識したおしゃれなモデルなら、もっと高くなり10万円を越えるものもあります。

ただ、屋外用なので常に雨ざらし状態なので、すぐに汚くなるので、できれば安くて耐久性があるものを選びたいですね。

蛇口付きで1万円台はほんと破格

耐久性が高いステンレス製のガーデンシンクで、安いのってないかな?

って探して見つけたのが、これ!

錆びないステンレス製(sus304)で蛇口つき。

しかもシンクだけでなく作業台もあって、デザインもシンプルなので設置場所を選ばないのが嬉しいですよね。

もうこれは買うしかない!ってことで、即購入。

ステンレス製ガーデンシンクを購入!実際の口コミ&レビュー

楽天市場でガーデンシンクを購入

この手のガーデンシンクは、あす楽対応ではないですが、注文から2〜3日で到着。

ガーデンシンクが早速到着&開封

ステンレス製ガーデンシンクを購入

楽天市場で購入したステンレス製ガーデンシンクが到着しました。

思ったより軽いんですね。

早速開封していきます。

ステンレス製ガーデンシンクを開封

ダンボールを開封するとこんな感じで、しっかりと入っています。

1つ1つ取り出していきます。

同梱物を確認してみよう

同梱物を広げてみました。

ざっと脚と底板、天板、蛇口に排水ホース。

結構シンプルな構造です。

さて、組み立てていきます!

ギンイズム
ギンイズム
ガーデンシンクは、バリが出てたりするので、必ず軍手や作業手袋などして怪我を防止しましょう。

早速組み立ててみよう!

ガーデンシンクの組み立てはドライバーで

ステンレス製ガーデンシンクの組み立てに必要な工具は、プラスドライバー1本のみ。

大きめのプラスドライバーを用意しましょう。

ドライバーを締めていきます

まずは、底板にガーデンシンクの脚を差し込み、2箇所ずつネジを締めていきます。

この底板にガーデンシンクの脚を差し込む作業が、結構硬いので手を切る可能性がありますので、必ず手袋をしてやりましょう。

4本の脚を取り付けできたら天板を乗せる台を固定します

底板に4つの脚を固定できたら、天板を支えるフレームを固定していきます。

天板を載せよう!

最後に天板を載せます。

天板は、ただ載せてるだけなので台風の時などは外しておいたほうがいいかもしれませんね。

蛇口を取り付けましょう

続いて、蛇口を取り付けていきます。

排水溝も取り付けましょう

排水溝もセットしていきます。

排水溝をセットしよう

しっかりと固定します。

全てのパーツを取り付けできた状態がこちら

全てのパーツの取り付けが完了しました。

さて、水道ホースを繋いで、蛇口から水が出るか確認していきます。

水道ホースに繋いで出水の確認

蛇口ホースは便利なカプラーで固定します。

水が勢いよく出ました

水漏れもなく、勢いよく出ます。

排水溝も、水を貯めることができますね。

排水キャップをとれば排水も可能

蓋をとれば排水も問題なくできました。

完成したステンレス製ガーデンシンク

完成したステンレス製ガーデンシンクがこちらです。

高級感のあるステンレスらしい鏡面がかっこいいですよね。

無駄のないシンプルなガーデンシンクです。

これが1万円台なんて、ほんとコスパ最高です。

ネット上の口コミ&レビュー

ほんま購入して良かったです。

新型コロナウィルスの影響で到着に時間がかかりましたが本日到着しました。早速組み立ててセットしました。津本式究極の血抜きをするので楽天で探して寸法や値段など検討して注文しました。寸法もバッチリ予想通りで大満足です。ほんま購入して良かったです。

– https://review.rakuten.co.jp

安い割にはイイ腰が悪い母のために、立って使える外用の流し台を購入。
値段の割にはイイと思います。角が痛いけど。
別の水道工事もしていたので、ついでに水道屋さんに…

– https://review.rakuten.co.jp

良い商品です5月16日に注文して22日に到着しました。以外と早く来ました。組み立ても簡単です。一人で持てるほどの軽さですが、強度的に問題ないかと思います。値段の割に良い商品だと思います。

– https://review.rakuten.co.jp

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「菜園スペースがおしゃれに変身!激安1万円台の蛇口付きステンレス製のガーデンシンク(屋外用)の耐久性や使い勝手を口コミ&レビュー」について解説しました。

屋外用のガーデンシンクって高額だし、手が出ないって方も多かったのではないでしょうか?

そんな耐久性のあるステンレス製でかつ蛇口付きの、ガーデンシンクが1万円代と破格。

実際使ってみと、そのコスパに驚かされました。

若干、組み立てする必要がありますが、ドライバー1本でできるのでとっても簡単。

僕みたいに、家庭菜園する方にはおすすめしたい商品です。

是非、参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
銀ちゃん
銀ちゃん
バイクと家族を愛するブロガー|愛車はBMWの『R ninet RACER 』。企画・WEBデザイン・マーケティングが本職。バイクと家族(1児のパパ)を両立しながら、『好きな事で生きていく人生』を満喫中。