夏の必需品といえば「蚊取り線香」ですよね。

ただ、小さな子供がいる場合って、火傷したり倒して火事になるリスクがあるから、屋内・屋外問わず、使いづらいのが親の本音です。

ただ虫除けスプレーだけだと少し心細くないですか?

ほんと子供やペットがいても、蚊取り線香を安全に安心して使える、入れ物(ホルダー)があると嬉しいですよね。

って探してたら子供がいても安全に使える蚊取り線香入れが見つかりました!

それが、インテリアとしても使えて子供の火傷も防げると口コミで人気の蚊取り線香ホルダー、「Manhole(マンホール)」です。

実際に購入して使って気がついがメリット・デメリットについて写真付きでレビューしていきます。

他にも、デザインやサイズ・素材などを総合的に比較して、インテリアでもアウトドアでも使えるおしゃれな蚊取り線香入れを紹介するので、ぜひお気に入りの蚊取り線香ホルダーを見つけてみましょう!

[jin-fusen3 text=”この記事は”]

  • おしゃれな蚊取り線香入れを探している方
  • イデアコのManhole(マンホール)の口コミが知りたい方
  • 子供やペットがいても安全な蚊取り線香ホルダーを探している方

そんなあなたの知りたい情報を書いています!

[jin-fusen3 text=”おすすめの蚊取り線香ホルダーはこれ”]

失敗しない蚊取り線香ホルダーの選び方

まずは蚊取り線香について知ろう

蚊取り線香は、除虫菊の殺虫成分である「天然ピレトリン」を合成した類縁化合物(ピレスロイド)を原料として19世紀に日本で発明されました。

その後、合成ピレスロイドのメトフルトリンなどの強力な蚊取り線香が開発・販売されています。

現在、屋外やキャンプ・ガーデニングで最強と言われている蚊取り線香があります。

それは、唯一の医薬部外品に認定された「アース渦巻香 プロプレミアム」です。

屋外での空間忌避は直径6m空間が期待できる、1巻2.6mg「メトフルトリン」を含有しています。

僕がよく使っている「強力パワー森林香」は、メトフルトリンを含有していますが、雑品なので正確な含有量は記載されていません。

憶測ですが、アース渦巻香 プロプレミアムの半分程度かもしれませんね。

今の所、最強の蚊取り線香はこの2つから選べばいいと思います。

蚊取り線香のサイズで選ぼう

蚊取り線香には、小さくて細いものから極太のものまで、様々なサイズがあります。

中に入れるタイプの蚊取り線香なら、大きくて入らない場合や太くて蓋が閉まらないなどのトラブルがあるので、サイズを見て選ぶ必要があります。

蚊取り線香入れの素材で選ぼう

蚊取り線香入れには、アルミ製やアイアン製、陶器製のものまで様々な素材があります。

デザインや質感で選ぶのもいいですが、子供が誤って割ってしまったり鋭角な角で怪我などしないように、蚊取り線香の素材にも注意しましょう。

蚊取り線香ホルダーのデザインで選ぼう

[chat face=”ginizm.png” name=”ギンちゃん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=””]蚊取り線香ホルダーの選び方は人それぞれ違いますが、僕が最終的にイデアコ・マンホールに決めたポイントを3つ紹介します。[/chat]

僕がイデアコのマンホール(蚊取り線香ホルダー)を得だんだ3つのポイント

おすすめポイント1:おしゃれなデザイン・カラー

イデアコのオシャなデザイン

イデアコ・マンホールは、マンホールのようなデザインが可愛いおしゃれなデザインが魅力です。

マットなカラーがモダンでかっこいいですよね。

カラーは、「gray(matt) / brown(matt) / black(matt) / pink(matt)」の4色があります。

おすすめポイント2:蓋をあけるのが難しく安全性が高い

安全性が高いふた

子供やペットがいる家庭だと、蚊取り線香は危ないので、入れものは必須です。

ただほとんどのモデルで、蓋をしてるだけとか、熱が伝わりやすいアルミはアイアン製でできています。

このイデアコ・マンホールは、蓋をあけるためには反時計回りに回さなければいけなかったり、熱くなりにくい「バンブーメラミン」という素材でできているので、安心して利用できます。

おすすめポイント3:便利な火消しタイマー付き

便利な火消しタイマー付き

蚊取りマンホールは、蚊取り線香が必要ないときは火を消せる「便利な火消しタイマー」がついています。

ただ蚊取り線香の上に置くだけで消せるので、安心&エコに使えます。

[chat face=”ginizm.png” name=”ギンちゃん” align=”left” border=”yellow” bg=”yellow” style=””]最終的にイデアコの蚊取り線香ホルダー・マンホールに決めるまで比較検討していたものが3つあります。

どれもイデアコ・マンホールと同じように口コミやレビューが高く、人気があるので紹介していきます。[/chat]

僕が悩んだ比較アイテム3選

1.イデアコ・マンホール

イデアコ・マンホールは、一見蚊取り線香に見えないおしゃれなモダンデザインが特徴的な蚊取り線香ホルダーです。

僕が一番いいと思ったポイントは、子供が簡単に蓋を外せないことです。

マンホール型の蓋を、反時計回りに回さないと取れないため、子供が誤って開けてしまうことを防ぐことができます。

もちろん隙間から火元を見ることも、触ることもできません。

安全性とおしゃれなインテリアにもなる蚊取り線香なら、間違いなくイデアコ・マンホールがおすすめです。

2.蚊取りポット(KATORI POT)

山崎実業の蚊取りポットは、蚊取り線香っぽくないおしゃれな壷型デザインが特徴です。

陶器製のモダンデザインは、インテリにも馴染みワンランク上の質感があります。

直接子供が火元を触ることを防げるので安全性も高くおすすめです。

3.ソイル・モスキートコイルケース

created by Rinker
ソイル(Soil)
¥8,537 (2022/09/26 09:11:57時点 Amazon調べ-詳細)

ソイル・モスキートコイルケースは、珪藻土バスマットで有名なブランドで、蚊取り線香の湿気予防にもなる蚊取り線香ホルダーです。

下の段には、最大12個の蚊取り線香を収納できるので、湿度の高い日やオフシーズンにいれっぱなしにしていても、すぐに燃焼させることができます。

ニトリのバスマットにアスベストが含まれていると問題になった珪藻土ですが、ソイル社性のものはアスベストの含有がないことが証明されているので安全です。

ソイル・モスキートコイルケースは、自然素材の珪藻土でできたおしゃれで実用的な蚊取り線香ホルダーです。

イデアコ・マンホールの使い方

おしゃれな蚊取り線香ホルダー「イデアコ・マンホール」は、アマゾンより楽天市場の方が品揃えが多く最安値のショップが多くあるのでおすすめです。

開封していきましょう!

楽天市場でイデアコ・マンホールを購入

まずは楽天市場で、イデアコ・マンホールを購入。

早速届きました。

結構大きな箱に入っています。

しっかりとした梱包に感激

しっかりと梱包してあります。

イデアコ・マンホールの使い方

便利な火消しタイマーの使い方は、箱側面に記載してあります。

それでは、開封!

イデアコ・マンホールを開封

思わずかっこいい…。

マットなブラックが好印象。

イデアコ・マンホールがかっこいい

思ったよりかっこいいですね。

イデアコ・マンホールの底面

そこは屋外でも使いやすいように、段差がついています。

早速蚊取り線香をセットしてみましょう。

最強の蚊取り線香「強力パワー森林香」をセットしてみました

僕がおすすめするのは、最強の蚊取り線香として人気の屋外専用蚊取り線香「パワー森林香」です。

結構、蚊取り線香自体太いので、入るか、しっかりと蓋が閉まるか心配…。

ガラスファイバー製の不燃マット

蓋を開けて、ガラスファイバー製の不燃マットの上に蚊取り線香を乗せます。

パワー森林香をセット

ガラスファイバーの不燃マットの上に、パワー森林香を置いて…

パワー森林香のような大きな蚊取り線香でも問題なし

蓋を閉めます。

良かった…。

蓋が浮いたり、閉まらないなど不具合は全く問題なし。

便利な火消しタイマー付き

火をつけて、火消しタイマーをセット。

本当に火消しタイマーって効果あるのかな?と思いながら、翌日チェックすることに。

火消しタイマーは完璧

おぉー!

ちゃんと火消しタイマーが機能してます。

ただ乗せるだけなのに、これはかなり便利ですね。

おすすめの設置場所

玄関ホール

イデアコ・マンホールの蚊取り線香は、おしゃれなので人目につきやすい玄関ポーチなどがおすすめです。

常夜灯に虫が集まってしまう

特に、我が家の玄関ポーチは、暗くなると自動的に常夜灯がつくようにしているので、夏は玄関に虫が集まってしまいます。

玄関を開けるのにはとても気を使っていました。

だからといって、人目につきやすい玄関に、いかにも「蚊取り線香」って分かるような蚊取り線香ホルダーは、使いたくないですね。

我が家は玄関ポーチにこうやって置いています。

イデアコ ・マンホールの設置写真

お客さんや宅配ドライバーさんに、これなんですか?って聞かれるくらいので、知らない方は「蚊取り線香ホルダー」には見えないみたいです。

屋外の庭・子供が遊ぶスペースに

子供用の屋外砂場を塩ビパイプでDIYしてみた!自宅でできる作り方や費用、塗装の手順をブログでレビュー

イデアコ・マンホールの蚊取り線香ホルダーは、直接蚊取り線香の火元が見えない構造になっているので、屋外の子供が遊ぶスペースにおすすめです。

特に夕方になると蚊が増えてくるので、砂場近くに設置するのはおすすめです。

イデアコ・マンホールのデメリット

汚れが目立つカラーがある

蓋の後ろにヤニがつく

イデアコ・マンホールは、蓋があるのがメリットでしたが、逆に蓋があることで「蚊取り線香のヤニ」が蓋につきます。

いろんな口コミを参考にしてたので、目立たない黒色を購入したので問題ありませんが、グレーやベージュなど薄いカラーはヤニが結構目立つと思います。

シンプルで使いやすいです

グレーと黒を購入しました。子供が触らず、お客様から見てもきれいに蚊取り線香を置きたかったので、その点とても良かったです。しかし、グレーは使っていくと、やけてしまいフタのまわりと受けの裏側が茶色になります。

– https://review.rakuten.co.jp

口コミでもグレーは汚れが目立つみたいですね。

ただ丸洗いできるので、洗えばヤニも取れるので問題はないかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「おしゃれな蚊取り線香ホルダーならイデアコの「Manhole(マンホール)」がおすすめ!子供にも安全な蚊取り線香入れ3選」について紹介しました。

玄関ポーチなどで使える屋外用のおしゃれな蚊取り線香を探している方には、イデアコのマンホールは選択肢の1つになったと思います。

もちろん我が家のように子育て真っ只中の家庭でも、火傷が防げる安全性の高い蚊取り線香ホルダーとしても有効だと思います。

昨年夏に購入しようとすると、在庫なし・予約購入になってしまったくらい人気商品なので、少しでも気になった方は、夏前に入手しておきましょう。

おすすめのショップリンクを掲載しておきますので、参考にしてくださいね。