パパブロガー
ギンイズム

パパブロガーのギンイズムです。1歳になる息子と3人家族。このブログでは、実際に使ってみて良かった子育てアイテムや、赤ちゃんが喜ぶ遊び方など育メン目線で発信しています。

子育ての話

ソニーの新型ビデオカメラ・HDR-CX680(W)を購入!使用感やサイズ、口コミで人気のおすすめ機能を徹底レビュー

ソニーの新型ビデオカメラ・HDR-CX680(W)を購入!使用感やサイズ、口コミで人気のおすすめ機能を徹底レビュー

家庭用ビデオカメラの中でも人気あるソニーのハンディーカム・HDR-CX680(W)。

空間光学手ぶれ補正があったり、インテリジェントAF機能があったりと、ハンディーカムの中でも、使いやすいと口コミで評判です。

ただ、実際購入しようとすると、4Kとの違いであったり、使用感やサイズ、価格であったりと、「新型モデルがいいのか?」「型落ち旧モデルで妥協するか?」など、迷ってしまう方が多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、僕が実際にソニーの新型ビデオカメラ・HDR-CX680(W)を選んだおすすめポイントを紹介しながら、実際購入から機能紹介、最安値で購入する方法など写真付きで紹介しています。

一度購入するとあまり買い替えすることが数少ないビデオカメラだからこそ、買ってみようかな?って思った方は検討してみてくださいね。

この記事は
  • 家庭用ビデオカメラを購入したい方
  • ソニーのハンディーカム・HDR-CX680(W)について知りたい方
  • ビデオカメラ・HDR-CX680(W)の口コミが知りたい方

そんなあなたの知りたい情報を書いています!

ソニーのビデオカメラ・HDR-CX680(W)を選んだ3つの理由

空間光学手ぶれ補正の機能がすごい

僕が、ソニーのビデオカメラ・HDR-CX680(W)を購入した理由は、空間光学手ぶれ補正がすごいからです。

空間光学手ぶれ補正は、ソニー独自の技術で「レンズとセンサーが一体型」になっています。

インテリジェントアクティブモードも搭載されているので、歩きながら撮影してもカメラ自体が動くので、動きがある場合でも滑らからで綺麗な動画が撮れます。

さらに動きだけでなく、ズームでの手ぶれ補正にも効果を発揮します。

子供の運動会や試合などでは、ほぼズームを使用することになるので、とても役立つ機能です。

インテリジェントAFとロックオンAFの効果がすごい

インテリジェントAFとは、ソニー独自のフォーカスシステムです。

「空間被写体検出方式」を採用しているので、結構激しくカメラを動かしても、被写体にピントを合わせてきます。

ロックオンAFは、動く被写体でもしっかりと検知しぴったりとピントを合わせてくれます。

特に歩きながらズームで撮影したり、運動会などの動く被写体を撮影するシーンでもソニーのビデオカメラ・HDR-CX680(W)なら、ピンぼけが少なく見やすい動画を撮ることができます。

Exmor R(エクスモアアール)CMOSセンサーがすごい

エクスモアアールCMOSセンサーは、ソニー独自のイメージセンサーのことです。

今まで綺麗な動画撮影が難しかった、暗い室内や夜景、文化祭やピアノコンクールなどのステージでの撮影でもはっきりと見やすい動画を撮影することができます。

ギンイズム
ギンイズム
この3つのポイントは、初めてビデオカメラを使う初心者の方や、運動会や音楽会などのステージで、手軽に綺麗な動画が撮りたい方に人気の機能です。

HDR-CX680(W)の口コミやレビューの点数が高いポイントでもあります。

ソニーのビデオカメラHDR-CX680(W)を徹底レビュー

HDR-CX680(W)を最安値で購入

ソニーのビデオカメラ・HDR-CX680(W)の定価は、オープン価格になっていますが家電量販店では、5万円台で販売されています。

ただ、楽天市場では送料無料で4万円前半の価格なので、楽天市場で購入をおすすめします。

HDR-CX680(W)を開封してみよう

カメラのキタムラから荷物が到着

カメラのキタムラから荷物が到着。

ワクワクしながら荷物を開封

ワクワクしながら荷物を開封してみると

HDR-CX680(W)を購入

ソニーのビデオカメラ・HDR-CX680(W)と、アクセサリーキット・ACC-TCV7Cが入っていました。

早速同梱物を確認していきます。

HDR-CX680(W)の同梱物

HDR-CX680(W)の同梱物

HDR-CX680(W)を開封すると…

  • HDR-CX680(W)本体
  • USB延長ケーブル
  • USBアダプター
  • HDMIケーブル
  • 取扱説明書一式
  • 保証書

が入っていました。

アクセサリーキット・ACC-TCV7Cの同梱物

アクセサリーキット・ACC-TCV7C

アクセサリーキット・ACC-TCV7Cを開封してみると…

  • ケース
  • バッテリー
  • バッテリー充電器
  • モニター用クロス
  • 取扱説明書一式
  • 保証書

が入っていました。

HDR-CX680(W)のサイズ感

HDR-CX680(W)のサイズ感

まず思ったのは、コンパクトさ。

息子のお弁当よりもコンパクトです。

HDR-CX680(W)のバッテリーサイズ

バッテリーはこんなに小さいんですね。

HDR-CX680(W)にバッテリーをつけてみよう

バッテリーをHDR-CX680(W)の本体に取り付けます。

HDR-CX680(W)にスライドするだけ

スライドすると、この爪がロックされる仕組み。

ほんとワンタッチで取り付けできるのはありがたい。

HDR-CX680(W)の横から

バッテリーを取り付けても、こんなにコンパクトです。

ほんと手のひらサイズ。

HDR-CX680(W)後ろから

バッテリーをつけても、重たさを感じません。

HDR-CX680(W)を充電してみよう

充電はこのUSBを使います

充電は、バッテリーを装着した状態で、本体についているUSBプラグを使います。

USBの延長コードに繋ぐ

USBを電源コンセントに接続すると、画像のようにPOWERランプが光ります。

コンセントにつないだイメージ

充電はこんな感じで行います。

アクセサリーキット・ACC-TCV7Cの充電方法

アクセサリーキット・ACC-TCV7Cは、充電器があるので充電器を利用して充電します。

やっぱりバッテリーの充電はこの方法が便利ですね。

HDR-CX680(W)の純正バッテリーとアクセサリーキット・ACC-TCV7Cの違い

バッテリーサイズの違い

HDR-CX680(W)付属のバッテリーと、アクセサリーキット・ACC-TCV7Cのバッテリーのサイズはこんなに違います。

純正のバッテリーは、NP-FV50(6.6Wh/980mAh)、アクセサリーキット・ACC-TCV7Cは、NP-70V(13Wh/1960mAh)なので、ほぼ倍以上の長時間撮影が可能です。

HDR-CX680(W)を実際に撮影してみた

HDR-CX680(W)でズーム撮影してみよう

HDR-CX680(W)で撮影する場合は、モニターを開くだけで、自動的に撮影モードになります。

撮影まで時間がかからないのが嬉しいですね。

ズームにするのもとっても簡単。

HDR-CX680(W)で撮影してみよう

上部のズームダイヤルをW側に傾けるだけで、ズームができます。

HDR-CX680(W)のズームも綺麗

光学60倍ズームなので、ズームで撮影してもとても綺麗です。

静止画の撮影も可能

ビデオを撮影をしながら、静止画を撮影することもできます。

赤色のPHOTOボタンを押すだけ。

この機能は便利ですね。

HDR-CX680(W)と合わせて買いたいオプション3選

アクセサリーキット・ACC-TCV7Cを購入しよう

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥15,173
(2020/10/21 18:16:20時点 Amazon調べ-詳細)

アクセサリーキット・ACC-TCV7Cは、2時間以上の撮影するシーンがある方は、必ず購入しておきましょう。

大切なタイミングで、充電切れになった…なんてことになっても時間は取り戻せません。

備えあれば憂いなしということわざ通り、バッテリーの予備は揃えておきましょう。

ソニーガンズームマイクロホン(ECM-GZ1M C)の外付けマイクは必須

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥9,818
(2020/10/21 00:26:38時点 Amazon調べ-詳細)

家庭用ビデオカメラで撮影していると、よく撮影者の声が入りすぎて失敗したということはありませんか?

特に、運動会やスポーツの試合では、応援に熱が入るにつれ、どうしても声を張りあげてしまいます。

あとで映像を見直してみると…。

撮影者の声ばかりでみる気が失せたというケースも多々あります。

そんな悩みを改善するのが、ソニーガンズームマイクロホン(ECM-GZ1M C)です。

狙った方向や、ズームした被写体からしか音を拾わないため、よりクリアで鮮明な音声を録音することができます。

外付けマイクはここに固定

取り付けも、上部に固定するだけなので、とても簡単です。

三脚はあると便利

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥10,800
(2020/10/21 00:26:39時点 Amazon調べ-詳細)

ビデオカメラを撮影することも大切ですが、大切な子供の運動会などは直接見たいものですよね。

そんな時は、ビデオカメラを三脚に固定して撮影する方法もあります。

またソニーHDR-CX680には、優れた空間光学手ぶれ補正機能がついていますが、三脚に比べるとどうしても動いたり、ピントがずれたりすることがあります。

また何時間も、ビデオカメラを手で持ち続けるには限界があります。

そんな時に、三脚はとても便利です。

ソニー純正の三脚なら、録画や再生などの捜査が専用のリモコンでできるので、とても楽に利用できます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「ソニーの新型ビデオカメラ・HDR-CX680(W)を購入!使用感やサイズ、口コミで人気のおすすめ機能を徹底レビュー」について解説しました。

ビデオカメラをどのメーカー・モデルにしようかと悩んでいる方には、HDR-CX680(W)のよりリアルな口コミ・レビューとして伝わったかと思います。

子供の運動会や音楽会に、特に重宝するビデオカメラだからこそ、失敗したくないという方も多いと思います。

HDの中では、人気の高いモデルであるため必要な時に購入できないことがないように準備しておきましょうね。

ABOUT ME
銀ちゃん
銀ちゃん
バイクと家族を愛するブロガー|愛車はBMWの『R ninet RACER 』。企画・WEBデザイン・マーケティングが本職。バイクと家族(1児のパパ)を両立しながら、『好きな事で生きていく人生』を満喫中。
こんな記事も読まれています