子育てブログ

おしゃれなベビーサークルの選び方!実際に買って気づいた木製・プラスチック製ゲートのメリット・デメリットとは?

おしゃれなベビーサークルの選び方!実際に買って気づいた木製・プラスチック製ゲートのメリット・デメリットとは?

7ヶ月頃の赤ちゃんって、ハイハイや伝え歩きを始めると目が離せないですよね。

そんな方に、おすすめのベビー用品があります。

それが「ベビーサークル」です。

でもベビーサークルって、木製のものやプラスチック製のものがあったりと、何を選べばいいのかわからないすよね。

間違って買って、赤ちゃんがケガしてしまうとか本末転倒…。

そこで今回は、僕が実際に買って気がついた、木製・プラスチック製のベビー製品のメリットだけでなくデメリットも紹介しながら、インテリアにもマッチする安全でおしゃれなベビーサークルの選び方を紹介します。

是非、参考にして見てくださいね。

この記事は
  • 生後7ヶ月前後のハイハイや伝え歩きを始めた赤ちゃんがいる家庭
  • おしゃれで安全なベビーサークルを探している方
  • 木製・プラスチック製のベビーサークルで悩んでいる方

そんなあなたに向けて書いています。

GINIZM
GINIZM
今回ご紹介するベビーサークルは、赤ちゃんが安心・安全に遊べるものを紹介しているので、赤ちゃんを自由に遊ばせながら、家事をする時間ができるんです。

赤ちゃんから目が離せなくて、家事ができないって悩んでいる方はぜひ、読んでみてくださいね。

失敗しないベビーサークルの選び方のポイント

ベビーサークルって何?育児に必要なの?

ベビーサークルって言葉を初めて聞いたかたもいるかもしれませんね。

ベビーサークルは、ハイハイや伝え歩きを始める生後7ヶ月以降の赤ちゃんを、家庭内にある危険から赤ちゃんを守るためのゲートです。

赤ちゃんがいる家庭だけでなく、小さなお子さんがいる家庭なら、見たことあるんじゃないかな?

それくらいあると便利というよりか、安全のためには絶対に必要な赤ちゃんグッズです。

僕の息子ももうすぐ7ヶ月ですが、最近ではハイハイまではしないものの、ゴロゴロと寝返りしながら、気がつけば部屋の端まで行ってたなんて事は日常茶判事。

最近では、テレビボードの下に入ってニコニコし始めました。

この頃から、赤ちゃんの行動って読めないし目を放すのが怖くなり、家具など家中の角につけるコーナークッションをつけること考えました。

でも、角につけるコーナークッションって、家中につけるとオシャレじゃないし、無垢の木が変色する可能性もあるし…。

僕の場合は、スポンジじゃないなって…ってたどり着いたのが、ベビーサークルです。

ベビーサークルっていつからいつまで使うの?

ベビーサークルは、生後いつから購入するもんなんだろう?って気になって、育児経験者やメーカーに相談すると、だいたいハイハイを始める生後7〜8ヶ月ぐらいが購入の目安と教えてもらいました。

また、ベビーサークルはいつまで使うのかを聞いてみると、だいたい親の言うことを理解して言うことを聞けるようになる2〜3歳くらいまで使っている方が多いみたいです。

ちなみに、メーカーのHPを確認すると2歳までと表記されています。

僕は、赤ちゃんの成長って早いから、ベビーサークルを買ってもすぐに使わなくなるって思いたので、意外でした。

1年くらいならレンタルって方法も検討に入れるけど、2年くらい使うならレンタルじゃなくて購入したほうがいいかな?ってのが僕の感想です。

ベビーサークルってどこで買えばいいの?

いざ、ベビーサークルを買いに赤ちゃん本舗や西松屋に行きましたが、結構大きんですよね。

意外と運べるサイズじゃないので、楽天市場で買うことにました。

楽天市場で調べると、かなりの種類のベビーサークルがありました。

同じ商品でも、赤ちゃん本舗や西松屋より安く、送料無料で販売してるショップもあって、選ぶのが大変です。

ベビーサークルの材質の違い

いざベビーサークルを買おうと思って調べると、木製のものとプラスチック製の2タイプがあります。

木製とプラスチック製ってどっちがいいんだろう?って分からなかったので、とりあえず自然素材が良さそうだったのと、プラスチックに比べて、価格が安い木製のものを購入することにしました。

実際届いたものを開けてみると、こんな感じです。

木製のベビーサークル のセット

木製のゲートと組み立て用のパーツです。

実際に組み立ててみるとこんな感じになります。

木製のベビーサークルを組み立てて見た

悪くはないけど、みるからに固そうで圧迫感があるよね。

それよりも気になったのが、木製特有のささくれがある事。

木特有のささくれを発見

赤ちゃんに刺さったら危ない!って思って、楽天ショップに問い合わせすると返品できるということで返品させていただきました。

返品できて本当によかった…。

で、口コミや評判を見ながら次に買ったのは、プラスチック製のベビーサークルです。

これが大正解!

もし、

次にベビーフェンスを買うとしたら何を買いますか?

って聞かれたとしても、プラスチック製のベビーサークルを購入すると思います。

それほど木製と比べるとプラスチック製のベビーサークルがおすすめです。

木製のものよりは値段が高くなりますが、おしゃれだし圧迫感もないし。

プラスチック製のメリットをあげるとすると…

  • 木製に比べておしゃれ
  • 壁にぶつかっても壁紙が傷つかない
  • 曲面デザインで圧迫感がない
  • 軽くて組み立てが簡単

特に良かったのは、息子がベビーサークルを蹴った時の音です。

まだ7ヶ月なので、痛くても痛いって言うこともできません。

でも明らかに、木製のベビーサークルの場合、足が当たるとバシッ!って痛そうな音がしていました。

でもプラスチック製のベビーサークルだと、パンッ!って軽い音がするだけなので、痛そうには聞こえません。

逆に音がするので、楽しそうに遊んでいました。

現に、嫁さんが足の小指をぶつけた時に、木製のベビーサークルの場合、「うぎゃー」って声を上げていましたが、ベビーサークルの場合は声すら出しませんでした。

って事は、赤ちゃんにとってもプラスチック製のほうがいいいってことかな?

おしゃれなプラスチック製ベビーサークルifam・FIRSTを買ってみた

楽天市場のdoridoriでifam・FIRSTを購入

おしゃれなプラスチック製ベビーサークルが欲しいと思って、口コミや評判を見ながら選んだのが、Doridoriという楽天ショップのifam・FIRSTというベビーサークルです。

約6畳のスペースにおきたかったので、10枚入モデルにプラス2枚を購入。

翌日配送対応なので注文して翌々日に届きました。

DoriDoriのifamベビーサークルを購入

こんなに大きな箱なのに送料無料って嬉しいですよね。

開けてみると、1枚1枚ぎっしりと入っています。

同梱物は、こんな感じ。

DoriDori・ifamの同梱物

まずフェンス1枚につき2つの底板をつけていきます。

底板で固定する

底板がついたら2枚のフェンスをつなぎ合わせていきます。

2枚のベビーフェンスをつなぎ合わせます

それぞれ12枚のフェンスをつなぎ合わせると完成です。

ベビーサークル が完成

組み立て方を変えれば、長方形だけでなくいろんな形にできるのも嬉しいですよね。

子供が大きくなれば、オプションの「スタンドウォーターLOCK」を使って、ベビーゲートとしても利用できるのでありがたいです。

僕は楽天市場のプラスチック製ベビーサークル「ifam・FIRST」を購入しましたが、実際に木製・プラスチック製のベビーサークルを購入した経験から、もし次買うならこれもいいかな?という、おすすめのベビーサークルを紹介します。

おしゃれなベビーサークルおすすめ3選

1:ifam・FIRST

僕が使用しているのも、このifamのFirstというベビーサークルです。

カラー、デザイン、安全性の3つとも満足させてくれます。

あえてデメリットをあげるとすると、パネル1枚1枚に、「made in korea」と記載されているのが残念ですね。

あまり目立ちませんが、あえて表記しなくてもいいんじゃないかな?って思いました。

それ以外はパーフェクトですね。

2:フリープレイペン

フリープレイペンは、木製っぽいカラーリングで部屋に馴染むのに、素材はプラスチック製というおいしいとこどりのベビーサークルです。

また固定が難しいベビーサークルを、吸盤でフローリングと固定するアイデアがいいですよね。

僕の家は無垢のフローリングなので、吸盤はくっつきませんが、表面加工してあるフローリングなら吸盤で固定できるので安定感抜群です。

3:ベビーベアゾーン

ベビーベアゾーンのメリットは、コーナー部分が直角になっていない点です。

通常のベビーサークルは、コーナー部分は90度になってい流ので、そのスペースは使うことができません。

でもこのベビーベアゾーンなら、コーナー部分にも赤ちゃんがつかまり立ちできるので、スペースを広く使えることができます。

痒いところに手が届く、使い勝手がいいベビーサークルが、ベビーベアゾーンです。

ベビーサークルってDIYできるの?

ベビーサークルって、いくら安くても1万円前後なので、もっと安く購入できないかな?って考える気持ちもわかります。
僕は迷わず購入しましたが、手先が器用な方はDIYって方法もできるかもしれませんね。

SNSでもいろんなベビーサークルのDIY方法が紹介されています。

イレクターパイプとワイヤーメッシュでDIY

このベビーフェンスは、イレクターパイプで骨組みを作り、ワイヤーメッシュを取り付ける簡単DIYで作られています。

材料はたったの3種類。

イレクターパイプ

メッシュパネル

結束バンド

イレクターパイプとワイヤーメッシュを結束バンドで固定する方法だと、工具が必要ないので簡単だし、赤ちゃんにも安全なので安心ですよね。

木を加工して作る

結構クォリティーの高い、ベビーサークル ですよね。
ここまでDIYでするのは大変そう。

材料は木材と塗料かな?

赤ちゃんが使うので、最低限のささくれは取らないといけないので、ひたすら目の細かいやすりがけしないといけないかもしれませんね。

さらに口に入れても大丈夫な塗料を塗るので、結構コストもかかる可能性はあります。

でも、ここまで作れるとかなり達成感はありそう。

スノコを活用してベビーサークルをDIY

スノコを活用するのはナイスアイデアですよね。

桐だと思うので、軽くて柔らかいので赤ちゃんにとっても優しい素材ですが、桐スノコって結構値段するかもしれません。

使わなくなった時には、押し入れにも使えるので再利用できていいかもしれませんね。

ベビーサークルのDIYを紹介させていただきました。

DIYでベビーサークルを作ると、部屋の大きさや形関係なくできるのがいいですよね。

DIYするにも5,000円前後の費用は必要になるので、DIYを楽しめる人にはいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「おしゃれなベビーサークルの選び方!実際に買って気づいた木製・プラスチック製メリット・デメリットとは?」について紹介紹介しました。

赤ちゃんの成長って本当に早いから、ベビーフェンスはそろそろ買おうかな?って考えているうちに、早く買わなくちゃ!って焦って買わないといけなくなるベビー用品です。

是非ベビーフェンスで失敗しないために、生後6ヶ月頃からベビーサークルを検討して見てくださいね。

ABOUT ME
銀ちゃん
銀ちゃん
ブログ×サラリーマン×資産運用×育児でゆとりのあるスローライフを楽しむ。/愛車は、BMWのカフェレーサー・R nineT RACER。大好きな家族・バイク・ブログ中心の『好きな事で生きていく人生』を満喫中。取得資格は多種多様。フィナンシャルプランナー・簿記・カラーコーディネーネーター・QC2級・WEBクリエイター・第二種衛生管理者等々。読み応えのあるコンテンツを目指して日々奮闘しています。
【最新版】買って良かったバイクアイテム16選
【最新版】買って良かったバイクアイテム16選

バイクライフをさらに充実したものにするために、実際に使って満足したバイクアイテムを紹介しています。
 
一度使うとやめられない!そんな快適アイテムなので、まだ持ってないよって方は、是非是非検討してくださいね。