【レビュー】wifi防犯カメラのおすすめメーカーならYESKAMO!DIYで新築戸建てに取り付け・接続続方法をブログで解説

YESKAMOの防犯カメラを新築戸建てにDIYで取り付けてみた!電源の取り方やWifi接続方法をブログで解説

ギンパパ

防犯カメラをDIYでつけるなら電源を入れるだけでWifi接続ができる、簡単な防犯カメラYESKAMO(イエスカモ)がおすすめ

こんにちは、マイホームブロガーのギンパパです!

防犯カメラの接続から取り付けまでDIYでできると話題のYESKAMOのWifi防犯カメラ!

YESKAMOの防犯カメラセットて電源を入れるだけで簡単に接続できるって人気ですよね。

僕も初め「YESKAMOの防犯カメラ」をみた途端、これならすぐに接続できそう!!って思いましたが、ちゃんとしたレビューのブログはあまりないし本当の口コミってどうなんだろう?って気になってしまいました。

そこでこの記事では、実際にYeskamoの防犯カメラを購入して自分でDIYで取り付けた体験をもとに、自宅に防犯カメラをつけるメリットやデメリットについて、分かりやすくまとめました。

これから防犯カメラの設置を検討している人も、DIYでの防犯カメラ取り付けを考えている人もYESKAMOなら自分だけで簡単に取り付けできるのでのでぜひ参考にしてください!

この記事はこんな人にオススメ
  • YESKAMOの防犯カメラが気になっている
  • YESKAMOの防犯カメラの評判が知りたい
  • DIYで新築戸建に防犯カメラを取り付けた人の感想が知りたい

YESKAMOの防犯カメラを導入した理由

我が家が防犯カメラを設置した理由は、空き巣対策ではありません。

それは、富山県で起きた子供の行方不明事件がきっかけです。

我が家でも、他人事ではありません。

以前に子育てブログの方で紹介しましたが、子供が鍵を開けて脱走するのは、どの家庭でもあります。

もちろん我が家でも…です。

玄関ドア・勝手口の鍵を勝手に開けて子供が脱走するのを防ぐ方法とは?子供の屋外への飛び出し対策にセキュリティーサムターン機能がおすすめ

何か出来ないかと玄関ロックなど対策しますが、それでも完全には防ぐことは出来ません。

そこで考えたのが、防犯カメラの設置です。

もしものことを考えると、直ぐにでも取り付けることを決意しました。

ただ…防犯カメラってどこに取り付けるのがいいのか、思ったよりも悩みます。

そこでおすすめなのが、防犯カメラの見積もりサイトを利用してプランを出してもらいます。

\防犯カメラの提案書が無料でもらえるのでおすすめ/
防犯カメラの見積もりサイト

もちろんそのまま、防犯カメラを設置してもらってもいいですが、思ったよりも高いかもしれません。

業者に依頼するときっと、4台で20万円程度かかります。

そこでおすすめなのが、Amazonで大人気の防犯カメラ『YESKAMO』のWifiセットを購入して、DIYで取り付ける方法です。

YESKAMOの防犯カメラをDIYで新築戸建てに取り付けてみた

オススメのWifi防犯カメラはYESKAMO

僕が購入したYESKAMOのWifi防犯カメラが、これ。

モニター+防犯カメラ2台+ハードディスクがセットになったタイプです。

その理由がこれ!

電源を入れるだけで使えるという利便性の高さ。

これが本当かどうかレビューしていきます。

YESKAMOの防犯カメラをDIYで取り付けていこう

Yeskamoの防犯カメラセットを購入

AmazonのセールでYESKAMOの防犯カメラセットと、延長コード、追加のカメラ2台を購入。

★延長電源コード★

★ドーム型防犯カメラ★

早速開封していきましょう。

YESKAMOの防犯カメラ同梱物

Yeskamoの防犯カメラセット

Wifi防犯カメラの同梱物です。

延長電源コード

追加で購入した電源延長コード。

追加で購入したドーム型Yeskamo防犯カメラ

ドーム型防犯カメラには、汎用の取り付けスタンドも購入しましょう。

ドーム型防犯カメラ用取り付けスタンド

ドーム型防犯カメラには、汎用のスタンドがあれば使い勝手が良くなります。

YESKAMOの防犯カメラの質感から見ていきましょう。

YESKAMO防犯カメラの品質

Yeskamoの防犯カメラの質感

YESKAMOの防犯カメラは、金属製の本体に白色の塗装がされているので高級感、そして耐久性も高そうです。

一見、1万円以下のカメラには見えませんね。

Yeskamoのレンズ

人を検知するとLEDが発光する仕組みとなっています。

yeskamo防犯カメラの防水対策

防犯カメラの防水対策もしっかりとされています。

Wifi防犯カメラを組み立てていこう

Yeskamoの防犯カメラを組み立てます

防犯カメラを組み立てます。

まず付属のWifiアンテナを防犯カメラに取り付けます。

Wifiアンテナを取り付けます

取り付けといっても、Wifiアンテナを回して取り付けします。

Wifiアンテナをセットしてみた

Wifiアンテナをつけるとかなりかっこいいですね。

思ったよりも小ぶりで、値段のわりに高級感があります。

急激な雨も防げる風防付き

雨が降っていても、しっかりと撮影できるように雨よけのバイザーのようなものが付いています。

Yeskamo防犯カメラモニター

防犯カメラセットのモニターとハードディスです。

Wifiアンテナが付いているので、かなり利便性は高そうです。

まずは、本体と防犯カメラ1台の電源を入れて接続確認をしてみましょう。

電源をつけるだけで録画開始

Yeskamoの防犯カメラ電源を入れる

防犯カメラとモニター本体の電源を入れます。

Yeskamoの防犯カメラ接続

防犯カメラとモニター本体の電源を入れただけで、直ぐに接続が完了しました。

これは便利。

わざわざIPアドレスの設定も必要ありません。

追加で購入したドーム型防犯カメラの接続も、ドーム型防犯カメラとYESKAMOモニター本体をLANケーブルで接続するだけで防犯カメラの接続が完了しました。

これはとっても便利。

接続が確認できたら、防犯カメラをDIYで取り付けていきましょう。

DIYで防犯カメラを取り付けてみた

準備するもの
  • 防犯カメラ
  • 電源
  • 防水シリコン
  • インパクトドライバー
  • 付属のビス
  • 下穴用3~3.5mの下穴用ドリル

防犯カメラの取り付けには、ビスを使用するので防水シールは必須

防犯カメラの取り付けには、防水シリコンシーリングが必要。

そこまで量がいるわけではないので、これくらいで十分。

created by Rinker
コニシ(KONISHI)
¥400 (2023/01/13 09:49:53時点 Amazon調べ-詳細)

ガレージに12mmの穴を開けて、ACアダプターの接続端子を通して防犯カメラを接続します。

ガレージに防犯カメラを取り付けてみた

バイク用ガレージに、YESKAMOの防犯カメラを取り付けました。

夜になるとLEDが発光する

夜になると…

防犯カメラがLED発光します

こんなに明るくLED発光します。

これなら夜中でもしっかりと撮影できますね。

続いてドーム型防犯カメラを接続していきます。

ドーム型防犯カメラとスタンドを取り付けます

YESKAMOドーム型防犯カメラの直径が110mmでドーム型防犯カメラスタンドの直径が120mmなのでジャストサイズ。

防犯カメラスタンドに配線を隠す

防犯カメラスタンドの空洞部分に、防犯カメラの電源コードやLANコードを収納できるので見た目はとてもスッキリ。

電源コードはスタンドの背面から出します

電源コードはスタンドの背面から出します。

壁に取り付けるとこんなイメージになります。

見た目もとてもスッキリとして、高級感があります。

これが1万円程で購入できるのは、すごいですね。

YESKAMO防犯カメラモニターを壁付けしてみた

Yeskamoのモニターはスタンドタイプと壁掛けどちらにも対応します

モニターは、スタンドと壁掛けどちらにも対応します。

我が家では、スッキリ見せたいので壁掛けにしました。

壁掛けにはビスではなく石膏ボード用フック

ただビス穴を開けたくなかったので、石膏ボード用フックを使用しました。

created by Rinker
レック(LEC)
¥651 (2023/01/13 09:49:54時点 Amazon調べ-詳細)

石膏ボード用フックなら、使わなくなった時でも壁紙の穴が気になりません。

石膏ボード用のフックの穴も

こうやって開いた石膏ボード用の穴も、壁紙の穴修復ボンド(クロスの穴埋め材)を使うと…。

クロスの穴埋め材

クロスの穴埋め材は、1つあるととっても便利。

created by Rinker
建築の友
¥379 (2023/01/13 09:50:29時点 Amazon調べ-詳細)

クロスの穴埋め材を入れると綺麗になる

こんなに綺麗に直せました。

石膏ボード用フックに防犯カメラモニターをセット

施工ボード用フックにモニターを取り付けて、水平をチェックします。

一発で完成。

ギンパパ

Yeskamoのモニターは、インターネット用のwifiに対応していないので、LANケーブルに接続しなければスマホから防犯カメラの映像を確認する事が出来ません。

そんな時は、後付けのWifi子機を使用します。

モニターの壁掛け成功

後付けのWifi子機と電源アダプターをつないで完成です。

created by Rinker
バッファロー
¥3,591 (2023/01/13 09:32:09時点 Amazon調べ-詳細)

バッファローのWifi子機なら、USBを繋いでLANケーブルを繋いで、ボタンを押して接続するだけ。

とっても簡単です。

YESKAMOのWifi防犯カメラの評判・クチコミ

画像がキレイです。

5年前のカメラが壊れたので新しく購入しました。画質もよく役にたってます。

-Amazon Review

 

コスパは最高

店舗の防犯用に購入しました。
建物構造がRCなんで、壁を1枚挟むと極端に繋がりが悪くなります。
なので、店舗の入口外のカメラはLANケーブルで接続して、店内にはWi-Fi中継器を設置しようと考えてます。
画質はSDからHDに切り替えるととても綺麗です。また、モーションセンサー等色んな機能が搭載されてるので、機能的には申し分ない商品です。

-Amazon Review

ギンパパ

Yeskamo防犯カメラは、セットして電源を入れるだけで使えるのが本当に便利です。

ガルバニウム鋼板の我が家でも問題なく使えました。

あまりに便利だったので、追加で室内見守りカメラを購入

室内用見守り防犯カメラを追加購入

YESKAMOの防犯カメラがとても優秀だったので、室内用の見守り防犯カメラを追加購入しました。

同梱物はとってもシンプル

見守りカメラの同梱物はこれだけ。

本体と、USBケーブルとアダプタ、固定するためのビス。

手のひらサイズの見守りカメラ

YESKAMOの見守りwifi防犯カメラは、手のひらサイズでとってもかわいいデザインです。

これだと、そっと置いていても気になりませんね。

YESKAMOの防犯カメラセットなら、接続も簡単。

電源を入れて、カメラを追加選択するだけで自動的に接続完了。

あとは好きな場所に置くだけ。

我が家の場合は、少し電波が弱いカメラの電波を良くする目的で買っているので、リピーター目的で玄関に置きました。

ギンパパ

500万画素の見守りカメラは、当たり前ですが画像が綺麗。

そして子供が勝手に玄関の鍵を開けてしまわないように見守ることもできるので、とっても役立ちます。

まとめ

今回は、「【レビュー】wifi防犯カメラのおすすめメーカーならYESKAMO!DIYで新築戸建てに取り付け・接続続方法をブログで解説」について解説しました。

防犯カメラは、値段も大切ですが、使い勝手や機能ははもっと重要です。

YESKAMOよりも格安な防犯カメラメーカーもありますが、アプリが有料だったり、画質が悪すぎて顔が確認できないレビューもよくあります。

一度取り付けると、防犯カメラを交換するのもとても面倒なので、是非レビューを参考にしながらコスパが高くてしっかりと使える防犯カメラを見つけてみてくださいね。

防犯カメラをDIYで取り付けようか悩んでいる方は、是非僕のブログを参考にしてくださいね。