【4回目】総工費5000万円越え!?施工床面積40坪のバイクガレージのある平屋っぽい2階建ての外壁とエクステリアの打ち合わせをしてきた

【4回目】総工費5000万円越え!?施工床面積40坪のバイクガレージのある平屋っぽい2階建ての外壁とエクステリアの打ち合わせをしてきた

バイクガレージのある注文住宅っていくらするの?マイホームを建てる時の価格って気になりますよね。

特に、建築家と作るR+houseは完全オーダーなので尚更。

そこで今回は、施工床面積40坪のバイクガレージのある平屋住宅の見積もり価格や予算を下げるためにした方法について紹介します。

この記事でわかること
  1. 施工床面積40坪の平屋住宅の価格を知りたい人
  2. バイクガレージのある家ってどれくらいするのか気になる人
  3. R+houseで40坪の平屋を建てるといくらかかるか知りたい人
\完成したマイホームのルームツアーはこちら!/
【新築WEB内覧会】35坪の平屋風2階建て注文住宅!黒ガルバ・吹き抜けリビング・効率的な家事動線を考えた見所満載のルームツアー 【新築WEB内覧会】35坪の平屋風2階建て注文住宅!黒ガルバ・吹き抜けリビング・時短効率の家事動線など見所満載のルームツアー

ついにR+houseのバイクガレージのある注文住宅を発注してきた!

マイホームの建築を決意した理由はこちら

賃貸が得か、マイホームが得かって議論がよくされていますね。

僕がマイホームの建築を決意した理由を紹介しています。

\僕が賃貸でなく、新築購入を決意した理由について/

35歳でマイホームを買う!賃貸・マンション・建売り戸建ではなく、R+houseの注文住宅を選んだ理由とは? 35歳でマイホームを買う!賃貸・マンション・建売り戸建ではなく注文住宅を選んだ理由とは?

今となればずっと昔の事のようですが、土地選びから住宅ローンの審査について書いています。

R+houseの初回打ち合わせについて

【1回目】R+houseのアトリエ建築家さんとご対面!マイホームの打ち合わせってどんなことするの?内容と決めときゃよかった話とは? 【1回目】R+houseのアトリエ建築家さんとご対面!マイホームの打ち合わせってどんなことするの?内容と決めときゃよかった話とは?

ドキドキしながら、アトリエ建築家との初顔合わせしたのが、とても懐かしいですよね。準備しておくといいよ!って反省点なんかも紹介しています。

2回目の打ち合わせについて

【2回目】R+houseの住宅・建築模型が完成!35坪のおしゃれ平屋デザイン・間取りを大公開 【2回目】R+houseの住宅・建築模型が完成!35坪のおしゃれ平屋風2階建デザイン・間取りを大公開

感動の建築模型が出来上がって時ですよね。

ほんとイメージだけだった理想のマイホームが具現化された瞬間です。

3回目の打ち合わせについて

【3回目】R+houseのアトリエ建築家との最終打ち合わせをしてきた!最高の間取りが完成 【3回目】R+houseのアトリエ建築家との最終打ち合わせをしてきた!最高のバイクガレージ付き間取りが完成

鬼門玄関の修正・および間取り図の最終打ち合わせです。

R+houseの場合、アトリエ建築家との最終打ち合わせでした。

マイホーム建築向けて本格始動!ハウマッチ!?

施工床面積40坪の平屋住宅の価格はいかに…

憧れのマイホームを、建築家と一緒にオーダーメイドで作るってフレーズに魅力を感じて選んだ「R+house」。

およその坪数だけ決めた後は、好き勝手言い放題。アトリエ建築家に夫婦の理想を伝えて完成した「バイクガレージのある注文住宅」。

今回は、肝心のコストのお話です。

ざっと、いくらくらいかかるのだろう?

結構ドキドキしますよね。

マイホーム建築にかかる費用は!?

じゃじゃ〜ん!

土地込みで5500万円

少しやり過ぎた!

R+houseの坪単価は、ざっくり5〜60万円って聞いてたから、2,500万円くらいかな?って予想していたら、なんと3,500万円オーバー。

1,000万円の予算オーバーですね。

土地代を含めると、4500万円くらいを考えてたから少し超えてしまう。

って事で、見栄や不必要なところを削っていくことに。

まずは削れない箇所を決定していく

外壁はガルバニウム鋼板!これは外せない

まずは家の雰囲気を決める上で、一番印象に残るのが外壁ですよね。

メンテナンスのことを考え、黒やネイビーなどの濃い色をするのは決めていました。

実際黒系の外壁を見ると、結構暗くて…。

そんな時に、提案してもらったのが金属サイディング。

金属サイディングなら、光の当たる角度で黒から光の反射で白っぽく見えるので、ほぼ理想のカラーリングになりますね。

即、金属サイディングに決定。

そんな金属サイディングにもデメリットがあります。

金属サイディングのデメリット
  • 普通のサイディングに比べて効果
  • モノが当たると凹みが目立つ
  • 錆びる可能性もある

全く問題なし。

ってことで、外壁はガルバニウム鋼板は外せない。

外塀はクールなコンクリート打放し

次に必要なのが、リビングの目隠しになる塀です。

高さ2.5mのタイル張りの塀で家の周りをぐるっと囲む予定でしたが、今回の予算を見て、必要部分のみとすることにしました。

そこでコンクリート打放しに変更。

結構カッコよくなりますが、プライベートガーデンが暗くなってしまうので、ガラスブロックをうまく埋め込み明るくしてみます。

カーポートはリクシルのSC

理想のカーポートはこれ。

電動シャッターゲートをする予定でしたが、予算を削るならここかな?ってことで。後々することに。

とりあえず、カーポートはリクシルのSCのダブルに決定。

とりあえず、目標予算の3000万円くらいまで節約することができました。

まとめ

いかがでしたか?今回は「【4回目】総工費5000万円越え!?施工床面積40坪のバイクガレージのある平屋っぽい2階建ての外壁とエクステリアの打ち合わせをしてきた」について紹介しました。

マイホームって、夢が広がるってよく聞くけど、ほんとその通りですよね。

お金もかかるけど、間取りから作る楽しさってほんと格別!

予算もあるので、理想と費用とを調整しながら、最高のバイクガレージのあるマイハウスを作っていきます。

注文住宅を建てようって考えている人は、R+houseを検討してみてはいかがですか?

ほんとおすすめですよ。

これからマイホームを建てる人や建てている人など、いいアイディアやお得情報など是非情報交換ましょう。