暮らしの豆知識

エクステリア(外構工事)は新築を建てる時と同時がオススメ!後でやろうは結局やならい

エクステリア(外構工事)は新築を建てる時と同時がオススメ!後でやろうは結局やならい

マイホームが見違えるほどよくなると言われる、エクステリア(外構工事)。

塀はどうしようか?芝生もいいけど、レンガのインターロッキングもいい!なんて夢は膨らみますよね。

ただ、新築を建てると同時にエクステリア(外構工事)をするには、さらに300万円以上かかるのは痛い出費です。

だから予算が足りないから後でやろう…って考える人は多いですが、ただ後でやろうって人のほとんどどが、結局やらないままってところが多いもの。

そこでこの記事では、エクステリア(外構工事)をすると、どんなに違うのか?どうやれば予算を節約できるのか?

どんな方法があるのか?予算や見積もり方法など僕が実際にやった手順について解説していきます。

世界に一つだけのマイホームだからこそ、エクステリア(外構工事)をしてみようかな?って思った方は是非呼んでくださいね。

この記事は
  • エクステリア(外構工事)を検討中の方
  • コンクリート打ちっ放し塀が気になる方
  • 予算をかけずにエクステリア(外構工事)をしたい方

そんなあなたの知りたい情報を書いています!

家作りの完成度を高める外構・エクステリアのWEB内覧会

外構工事は、ハウスメーカーでする前に、専門の業者と相見積もりを取ることをおすすめします。

ハウスメーカーも、エクステリアの施工は外構業者に依頼するので、3割ほど高くなる傾向があります。

外構の見積もりを取るなら、全国展開している格安リフォーム会社に見積もりを取るのがおすすめです。

外構・エクステリアの紹介

高さ2.1m・横幅20mのコンクリート打ちっ放し塀

外構はコンクリート打ちっ放し塀・モルタルデッキ・芝生でプライベート空間を

ガルバニウム鋼板の平屋風二階建てというスペックだけでも、十分インパクトがありますが、外構はさらにインパクト大!

高さ2.1m、前長20mのコンクリート打ちっ放し塀は、ブロック塀と違って、基礎もしっかりしているので安心です。

コンクリートの打ちっ放し塀は基礎もしっかりしている

道路との間には、大きめの石(栗石)を敷き詰めています。

モルタルデッキを低コストで

コンクリート打ちっ放し塀の内側は、メンテナンスの簡単さと、広さを求めてウッドデッキではなく、あえてコンクリートだけで作ったモルタルデッキにしています。

バイクのある暮らし

夏は、子供のプール遊びだったり、バーベキューだったりと、モルタルデッキで遊び放題!

バーベキューした後は、さっと水で洗い流すだけ!

アクアシール200Sを塗布したので、メンテナンスがとっても簡単になりました。

駐車場コンクリートの黒ずみ汚れ除去・予防にアクアシール200Sを塗ってみた!施工方法で注意するポイントとその撥水・防水効果の耐用年数とは
駐車場コンクリートの黒ずみ汚れの除去、ブロック塀の白樺予防にアクアシール200Sを塗ってみた!施工方法で注意するポイントとその撥水・防水効果の耐用年数とは駐車場コンクリートの黒ずみ、汚れ除去、サビやブロック塀の白樺防止に効果的と話題のアクアシール200S。 コンクリートの黒ずみ汚れ除...

味気ないコンクリートデッキや打ちっ放しの塀も、ライティングとヤシの木だけでここまでムードを出すことができます。

外構屋さんと相談し、ライティングにこだわってみました。

ヤシの木の他に、ドラセナ・レッドスター、ユッカ・ロストラータを購入し、鉢植えしています。

夏場はとても暑いので、ハンギングパラソルを購入しました。

大型3mハンギングパラソル(ガーデンパラソル)を楽天市場で買ってみた!選び方から後悔ポイントをレビュー
大型ハンギングパラソル(ガーデンパラソル)を楽天市場で買ってみた!おすすめの選び方からデメリットを本音でレビューオシャレなサンシェードとして話題の、ハンギングパラソル(ガーデンパラソル)。 センターポールが無いから、日陰を広く使えて1人用から...

念願の家庭菜園をはじめました

南側は嫁さんの要望だった、家庭菜園と天然芝生。

初めての挑戦なので、まずは3坪の家庭菜園用の畑を、DIYで作ってみました。


土壌改良して、植え付けができるようふるいかけをしました。

もう11月中旬だったので、黒マルチを貼って玉ねぎを植えました。

無農薬で新鮮な野菜が作れるといいねって、今から夢を膨らませています。

暖かくなるにつれて、どんどん大きく成長してくれてます。

そして…6月!

こんなにたくさんの紫玉ねぎが収穫できました。

紫玉ねぎを家庭菜園で作る方法は、こっちの記事で解説しています。

【初心者向け】玉ねぎを家庭菜園で育ててみよう!苗から育てる為の土作りを写真付きで解説
【初心者向け】玉ねぎを家庭菜園で育ててみよう!苗から育てる為の土作りを写真付きで解説家庭菜園でも10月〜11月頃に育てられるおすすめの野菜といえば、玉ねぎです。 苗植えするだけで、ほぼほぼほったらかしでも収穫できる...

どんどん家庭菜園に没頭して、今ではビーツや赤カブ、大根、ラディッシュ、さつまいも、ヤーコン、シソ、水菜などたくさんの野菜栽培ができるようになりました。


秋には、家族でさつまいもの収穫!

念願のプライベートアプローチ場を高麗芝で実現

南のスペースは、念願だった天然芝を植え、プライベートアプローチ場を作ってみました。

メンテナンスが大変って声を聞くけど、実際はそうでもないかな?

実際に天然芝生の管理をやってみてわかったポイントを紹介しています。

芝生の管理が大変って嘘だった!?素人でも簡単に天然芝をDIYで敷く方法とは
芝生の管理が大変って嘘だった!?素人でも簡単に天然芝をDIYで敷く方法とは芝生の管理は大変だよ! マイホームに芝生がある理想の暮らしをイメージしてても、いろんな意見が耳に入ってきますよね。 口コミを...

芝生の管理には、やっぱりしっかりとした道具が必要です。

家庭用エンジン式芝刈り機「プラウGC410」で芝の管理が簡単になるって本当?実際に使ってみたレビュー・口コミを紹介!
家庭用エンジン式芝刈り機「プラウGC410」で芝の管理が簡単になるって本当?実際に使ってみたレビュー・口コミを紹介!芝生の手入れでもっとも大切なのが、芝刈りですよね。 でもこの芝刈り…。 結構大変って聞きませんか? この大変を嫌って、...

まとめ

いかがでしたか?

今回は、「エクステリア(外構工事)は新築を建てる時と同時がオススメ!後でやろうは結局やならい」について紹介しました。

エクステリア(外構工事)を予算の関係でするかしないか悩んでいる方は、将来追加することを念頭に、少しずつするのがオススメです。

せっかく建てたマイホームも、外構次第で見違えるほどよくなります。

ルームクリップやPinterestなどで、素敵な外構を探してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでギンちゃんをフォローしよう!

ABOUT ME
ギンちゃん
ギンちゃん
バイクと家族を愛するブロガー|愛車はBMWの『R ninet RACER 』。企画・WEBデザイン・マーケティングが本職。バイクと家族(2児のパパ)を両立しながら、『好きな事で生きていく人生』を満喫中。
こんな記事も読まれています